プロフィール

ぴっちょ@クズ野郎

Author:ぴっちょ@クズ野郎

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Addiction

ぜんぶが嫌になって 立ち止まって目を瞑ってみたけれど
何も そう何も変えられやしないから
肯定も否定もぜんぶ抱えて 前に歩き出す

現状打破とは 

他の誰でもない『わたし』が踏み出す ちいさな一歩


(頭では理解しているのに)

+++++
『臆病者。』

縮こまってるのは、寒さのせいだけじゃない…なんて。
B's-log買ってきましたよん(´∀`*)
やっぱ最寄りの書店inヤマダ電機には無かったので、ちょっと足を伸ばして規模のでかいところまで行ってですね。疲れました。
Vitamin特集だったですよー。
ストーリー紹介とキャスト陣のコメントを見るにつけ、FDへの期待度が急上昇です(≧ω≦)
ああそうそう、TYBもすっごい気になってるんだけど…。
いやしかし、ゲームはFD買ったらもう買わないって決めたから頑張る。
でもキャラソンとかは、所持金に余裕があれば買っちゃいそうだなぁ…。
だって第一弾って鈴健と森久保兄さんとうぃんぐでしょ?…買っちゃいそうだ…。

あととりあえずアニメには悠里ちゃんも声つきで出ると分かったので一安心です。キャスト未定らしいけど。
誰になるのかな。悠里ちゃんの声は凛々しい且つ乙女、な感じ希望です。
アニメ制作、結構豪華な制作陣であるのは分かるんですけどね、だからこそどうしてジャケ画はああなったんだ(笑)
キービジュアルはまだ救われた感じしたけどー。
前田氏の絵をアニメで動かすのは難しいだろうけど頑張ってほしいなぁ。
B6のウェイター(1人はメイド)の動くところが見れるんですねーわくわく!

ストーリーと声のクオリティの高さはもう証明済みなわけだから、やっぱあとはアニメっつー媒体でどうキャラや作品の魅力を引き出せるかですよね。
人気のある原作が違う媒体で表現されると「うっわ残念!」みたいに思うことあるけど、違う媒体で表現されている以上原作と全く同じものを求めるのはちょっとね!と思うのよ。
原作を違う形で表現することで違う所からその作品やストーリーの魅力を引き出せるのがノベライズだったりコミカライズだったりアニメ化だったりするところもあると思うので、今回のアニメもその辺に期待してたりします。
まあ、ほんっとに「これ営業目的だろ」って思う作品もないわけじゃないんだけど。
そのへんはね、Vitaminはしっかりしてると思うんですよ。作品としての軸がぶれないっていうか。
ハマってあんまり時間が経ってない私が言い切ることじゃないけれども。

しかしながら気づけば散財が止まらないという。きゃー企業の戦略に引っかかってる!wwwww
結局好きなものにはみんな弱いのよ(笑)
まあ、散財に見合うだけの元気やら萌えやらを頂いているので良いのではないでしょうか!

翼と一のキャラソン発売まであと一週間を切りましたねー。
何でその前に模試があるのかなー。やだなー。
志望校もそろそろちゃんと決めなきゃいけないんだけど、ね…。
最近模試のたびに第一志望が変わってて流石にどうしようwww
将来やりたいことは夢程度にあるんだけど、でも選択肢は広く持っておきたいんですよ。
うちの親はぶっちゃけ大学入学と一緒に将来の道が決まったみたいなところがあるので、相談してもあんまり分かってくれないっぽいのよね。
全く、まだ先輩方が受験真っ最中なのに「皆さんももう受験生です」とか先生達に言われても正直ぴんと来ないから。
流石にこの前のセンターチャレンジで危機感らしきものは持ちましたけど、だからって今焦ってもしょうがないからとりあえず一年後を見据えて今やらなきゃいけないことをこつこつやるまでです。

こういうのを危機感無いって言うの、かな?

コメント

非公開コメント

応援中!
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。