プロフィール

ぴっちょ@クズ野郎

Author:ぴっちょ@クズ野郎

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっとシンプルに

  君はどうしたい?





あけましておめでとうございます。

何だかんだこのブログでご年始の挨拶をするのも5回目ですか。
このブログ始めたときはまさか大学生になっても続けるとは思いませんでした。最近はついったで言えないこと吐き出す場になっててなんか申し訳ない感じです。

1日に塩尻の祖父母の家まで運転して、今日は松本駅前の初売りに向けて車を運転しました。
うあー疲れたし緊張した!でも楽しい!
ちょっとハプニングはあったけど、でもやっぱりわたし運転するの好きなんだよー
春に向けて、もっと上手く運転できるように頑張ろう。私の車なのに今絶対お父さんの方がいっぱい運転しててギリィ…ってなってます(笑)

混声人乗せて松本まで行くのはまた別の話ですよ。んな簡単に配車出してたまるか。
でも今の状況見るにつけ、「車出してー」って言ってくる運営嬢の気持ちも分からなくはないので迷い中ですが…
車校の教官みたいにナビしてくれる人が助手席に乗ってくれるなら考えるけど(笑)



今年の抱負とか書こう。うん。
でも、なんだろうなー今年の抱負。
とりあえずちょっとだけでもいいので欲張りになりたいです。あ、物的な意味ではなく。
何ていうかわたし臆病が過ぎて、色々諦めたりとか逃げたりとかして手に入らなかったコトの代わりにお金で買えるモノを手に入れてストレス発散してるような気がして、それ良くないなあ、と思うのよね。
欲しいモノやコトを素直に「欲しい」って言ったり、それを手に入れるために努力したりするのは私にとっては難しい。けど、今年はアグレッシヴにいきたいです。女は度胸と勇気ですわ。
欲張りな自分を素直に受け入れてあげたいね。難しいけど。
代わりに、衝動でピアス買って浪費するのは控えるから…(涙)

あとあれです、「誰かに甘えたい」って言ってる時点で甘えだなって去年つくづく思ったので、今年は友達や仲間や、近くにいてくれる大切な誰かにとって安心できる場所にわたしがなれたらいいなって思います。
去年甘えさせてくれたみんなを、今年はわたしが精一杯甘やかしたい。


2014年のほぼ全てを混声の中心年次として過ごします。
自分の仕事に責任とプライドを持って、もっといい仕事ができるように頑張ります。
パトリに関しては劣等感ばかり抱いてしまうし、もう一つのお仕事は自分の貯蓄を(一時的とはいえ)かなり削るので、辛くないと言えば嘘になりますが、それでも話を聴いてくれる友達や先輩や家族がいるのでどうにかなると思います。たぶん。
理想の混声像は多分みんなひとりひとり違って、わたしの理想もきっと人とは違ったりして、そういう、人付き合いみたいなところで悩むこといっぱいあると思う。
でも今のアルトパトリはわたしだから、わたしの理想を叶えられるようにもっと勉強してあの集団をわたしなりに導きたいです。パートミーティングとか総会とか、そのために通ってきたわけだしね。
でもそれは周りの意見を全く聴かないということではないですよ。わたしの理想は「パートみんなで良くなりたい」ってところに尽きるので、みんなの方向性や気持ちを積極的に汲み取っていくし、きっとそうしなければわたしはパトリとしてやっていけないと思う。
良い意味でパートのメンバーに依存しながらやっていきたいと思います。
それは高校の時のパトリ経験がそう思わせてくれたことで、団は変わったけれどわたし自身のスタンスとしてこれは変えたくない。人と違った意見かもしれないけれど、これが今のわたしの信念です。
もしかしたらパトリやってく中でこの信念も変わっていくかもしれません。でも、それはその時に変わっていくわたしを受け入れてあげたいです。

なるべくみんなにとって良いパトリでいたいと思うし、そう在れるように頑張ります。
頑張るから、だからたまには、ほんの少しでいいから、わたしのこと甘やかしてください。



わたしはつくづくクズ野郎だな(笑)
まあ、クズはクズなりに泥臭く頑張りますわ。

コメント

非公開コメント

応援中!
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。