プロフィール

ぴっちょ@クズ野郎

Author:ぴっちょ@クズ野郎

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢でもいいから 嘘でもいいから

どうぞふりむいて どうぞ気がついて

あの人におくる愛に比べたら
ほんの捨てるほどの愛でいいから


文字通りひとりきりで誕生日を過ごしたのが学部1年の時以来だったのと、身体のリズムのせいで(笑)体調悪いのと、そのせいで情緒が安定していないのとで、なんか色々考える日だったわ。
家族はそりゃあ何も言わなくたって家族だから誕生日覚えててくれて連絡もくれたけど、そうじゃないのにわたしの誕生日わざわざ覚えていてくれて、その上「おめでとう」って言ってくれる友達がわたしにもいてくれるんだなあって思って、それは純粋にすごく嬉しかったのです。
わたしが大切に思っている人がわたしにも同じように関心を持っていてくれているんだなっていう嬉しさだし、安心感なんだけどね。
そろそろ年を重ねることが嬉しくなくなるお年頃だけど、誕生日を祝いたいとか祝って欲しいって思う気持ちはそういうところに起因しているのかもなと思いました。
以前、わたしが大切に思っていたとある人に対して誕生日くらい覚えていて欲しかったなって思ったことがあったんだけど、きっとあれも今になって思えば「わたしにもうちょっと関心持ってよ」って言いたかったんだ、本当は。
今更気づくなんてばかだなあ。しかもそれに気づいたからといって今更言えるわけないし、当時も言えなかったと思うんだけどな。
わかることとできることは違うんだよ。それと、できなかったことは後から振り返るとやらなかったことになるんだ。
うん、まあ、誕生日には嬉しい思い出も苦い思い出もいろいろあるということです。
昔みたいに、純粋にどちらかの感情に振り切れることなくなったなあ。昔は気づけていなかっただけかもしれないけど、最近はいつもアンビバレントな感情が裏表になっていて、ひとつの出来事に対していろいろな感情を経験しているなってすごく思う。
これが年を重ねるということなのか・・・?うーん、単に大学院に入学してからそういうことに考えが及ぶようになっただけかもしれないし、分からないな(笑)

さて、誕生日はともかく、3月に入ってしまったので来年度に向けていろいろとやらんくちゃなるまい。
英語論文読むの嫌すぎて後回しにしてきてしまったのだけど、いい加減英語読まなきゃだなあ。うああ。
4月以降学会とか研修会で新潟市に行く予定がすでに何個か入っちゃったから、お金も貯めないといけない。がんばる。

コメント

非公開コメント

応援中!
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。